初心者情報

ゴルフのコースデビューのために【出発から帰宅まで】

ゴルフを始めました。

コースデビューするために何ヶ月も練習しました。

いざコースデビューです。

ゴルフ場に着いたらどうすればいいんだろう?

という疑問が出るのではないでしょうか。

そこで家を出てから家に帰るまでのシュミレーションをしてみましょう。

ゴルフに持って行く物

人それぞれ必要な物が違いますので一例として。

チェックリスト

  • キャディバッグ(クラブ)
  • ウェア(着て行く)
  • 帽子orサンバイザー
  • ゴルフシューズ
  • グローブ
  • ゴルフボール(最初の頃は1ダースあると安心)
  • ティ(ロングとショート)
  • グリーンマーカー
  • グリーンフォーク
  • タオル(走ると汗をかきますよ)
  • お風呂で使う物(シャンプー類、バスタオルとフェイスタオルは無料で使えます)
  • 着替え
  • お金(小銭入れもあると便利)
  • 日焼け止め・虫除け・ホッカイロ(気候・天候に合わせて)

シューズはシューズケースが売っていますのでそれを使うと便利です。

[パーリーゲイツ] ロゴ総柄 定番系 シューズケース

色々なメーカーから発売されていますので好きなものを買うといいと思います。

次に、ラウンドで使うものを入れるのにカートバッグという物が発売されています。

[パーリーゲイツ] カートバッグ

最後に、カートバッグやシューズケース、着替えなどゴルフ場に持って行く物をまとめて入れるロッカーバッグという物があるので使いましょう。

[パーリーゲイツ] ロッカーバッグ

小さめの旅行バッグでも代用はきくかと思います。

ゴルフ場まで

何時までにゴルフ場に行けばいいのか?

まずは寝坊に気をつけましょうね。

初めてのゴルフ場は前もってGoogle Mapなどで場所を確認しておきましょう。

何時からゴルフが始まるかで家を出る時間は変わります。

ゴルフは9時スタートだとしましょう。

スタート時間の30分前までにゴルフ場に着いていれば問題ありません。

ゴルフ場には、ドライバーやアイアンを練習できるドライビングレンジとパターが練習できるグリーンがあります。

プレー前に練習するのであれば1時間前など早めに着くように行きましょう。

食べ物、飲み物の買い出し

ゴルフ場へ行く途中でコンビニに寄ることをおすすめします。

ゴルフは4、5時間かかります。

途中でお腹がすくこともあります。

食べやすいおにぎりやパンがおすすめです。

喉が乾くこともあります。

食べ物、飲み物を買って行くといいですよ。

ゴルフ場にも飲み物は売っていますが、高いところがほとんどです。

500mlのペットボトルが250円とかありますから!

節約できるところは節約しましょう。

家でおにぎりを作って、飲み物はスーパーで買うのが一番節約になりますね。

ゴルフ場に着いてプレーまで

キャディバッグ

キャディバッグは自分で駐車場の車からクラブハウスまで運んでもかまいませんが、クラブハウスの入口で係の人がおろしてくれます。

横付けしてトランクを開ければ(係の人が開けてくれることも)おろしてくれます。

キャディバッグをおろす位置は「ゴルフ場紹介」で書いてますので、こちらから確認してください。

キャディバッグをおろしたら駐車場に車を停めて荷物を持ってクラブハウスへ向かいます。

ゴルフ場で受付

ゴルフ場のクラブハウスに着いたらまず受付をします。

受付を見ると、「メンバー」と「ビジター」の表示があると思います。

メンバーというのは、そのゴルフ場の会員になっている人です。

ビジターというのは、会員ではない一般のお客さんのことです。

初心者の人で会員になっている人は少ないと思いますので、ほとんどの人はビジターのところへ行きます。

受付には名前、住所、電話番号を書く紙があるので記入して受付の人に渡します。

ロッカーを使うかどうか聞かれます。

着替えないで帰るのであれば使いませんと答えましょう。

ちなみにロッカーはほとんどのゴルフ場が有料(300円ぐらい)です。

するとホルダー型の鍵をもらいます。

そのホルダーはゴルフのスコアを記入するスコアカードを入れるようになっていて、ロッカーキーがぶら下がっているはずです。

そしてホルダーには番号が書いてあると思います。

その番号がロッカーナンバーなのでそのロッカーに荷物を入れましょう。

ポイント

そのホルダーは絶対になくさないでください。

ロッカーを開けれなくなるのもそうですが、その番号があなたの番号になり一括で管理しているからです。

例えば、売店で買い物をする時、番号を言って名前を書けばそれで終わりです。

レストランでも同じです。

プレーが終わって精算する時に一緒に支払うことになります。

シューズを履いて、ラウンドで使う物を持ってロッカールームを出ます。

ロッカーに財布や車の鍵等を置いて行くことが不安な人は貴重品BOXがだいたいどこのゴルフ場も受付の近くにあるので利用してください。

コースの中には自動販売機しかないところもあるので小銭を持って行くと便利ですよ。

トイレは済ませていざコースへ向かいます。

練習

もし、ドライバーやアイアンを練習したいのであればクラブを持ってドライビングレンジへ向かいます。

ドライビングレンジ

クラブハウスをコース側に出たところにキャディバッグがいっぱい並んでると思いますので、自分のバッグを探してください。

ドライビングレンジの球の買い方はゴルフ場によって違います。

現金で球を買う、現金やロッカーナンバーでコインを買ってコインで球を買うなどありますので、受付で確認しましょう。

パターの練習はクラブハウスを出たところにあると思いますので、パターを持って行き練習しましょう。

そして、9時になったらいよいよラウンドスタートですが、スタートが早くなったり遅くなったりすることがあるので気をつけましょう。

実際にプレー 楽しみましょう!

ゴルフにはキャディ付きプレーとセルフプレーという物があります。

キャディ付きプレー

昔はこのスタイルが当たり前でした。

キャディさんが1組に1人つきます。

キャディさんがクラブを運んでくれますので、プレーする人は基本歩いてプレーします。

キャディさんはクラブを拭いたりボールを拭いたりアドバイスしてくれたりと、手取り足取りやってくれます。

始まる時に「初心者なので迷惑かけますがお願いします」など言っておくと色々面倒みてくれると思います。

セルフプレー

キャディさんなしでプレーする人だけでラウンドするスタイルです。

キャディさんへ払う料金がない分安めとなっています。

キャディバッグを積んだカートに乗ってプレーします。

ゴルフのカート

このようなイメージです。

キャディさんがいないので、クラブやボールを自分で拭かなければなりません。

プレー終了後

プレーが終わってからやるのは、食事、お風呂、精算です。

食事はクラブハウスのレストランでできます。

自分のロッカーナンバーを言って注文します。

食事中に伝票がくるので間違いがないか確認しサインをします。

お風呂

ロッカー室から直通でお風呂があります。

お風呂は、バスタオル、フェイスタオル、シャンプー、ボディソープなどが無料で使えます。

お風呂の中は銭湯と同じような感じです。

ゴルフ場によっては露天風呂やサウナがあります。

スタート時間が午後からの場合、先に精算しなければならないゴルフ場もあるので注意してください。

精算

ロッカーやお風呂に忘れ物がないか確認。

貴重品BOXを使った人は財布や鍵を回収する。

受付と同じところに精算窓口があるのでそこにホルダーを出す。

スコアカードを忘れずに取りましょう。

プレー代(・売店・レストラン)の合計金額を言われるので現金かクレジットカードで支払い。

精算書をもらい終了。

帰宅

キャディバッグはクラブハウスの駐車場側の出入口付近に置いてあるので、担いで車まで行くか、先に車を持ってきて車に積みます。

あとは家に帰るだけです。

朝早くから起きていると疲れていてお風呂も入っているので眠たくなるので注意してくださいね。

お疲れ様でした。

女性の方へ

基本的な流れは全て一緒です。

しかし女子ロッカーや女子風呂は、妻に聞いたところ後付けのため狭いことがほとんどです。

女性の方への情報のためそのような情報も掲載していきますので参考にしてください。

-初心者情報
-, , ,

© 2020 北海道ゴルフinfo